面接回数は企業によって異なる?

就職試験において、1番大事といわれているのが人事面接です。流れとしては、書類選考、そして筆記試験で一般常識問題を解くことになり、その点数で合否がきまり、最後に面接ということなのですが、やはり最終的に大事なのがこの面接なのです。そこでは、面接官によってその人の人柄、受け答え方、臨機応変にかわしているか、いじわるな質問をした時に、どうやって返してくるかということも注目しているのです。また、面接回数というのは企業によって異なるのですが、だいたいのところで2次以上あります。多いところですと4次、5次ぐらいまで進むこともあります。その会社の就職試験を受ける人数が多いというところのほうが、面接の回数というのも多いという傾向があります。色々なケースがあるのですが、一人ずつのところ、数人で一緒に、またディスカッション形式のものなど形式は豊富です。どういう時にも自分を出せるという人のほうがこういう時にとても有利です。